わかめ

今年のダラスは、本当に本当に暑くなりそうですね~。

最近のわが家の食生活、お肉からお魚へシフトしております。

以前は、ほぼ毎日お肉、たまーにお魚でした。

それを、ほぼ毎日お魚、たまーに鶏肉へ。

というのも、世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事という本を読んだのです。

赤身肉の直火焼きは危ないとニュースでも頻繁に流れていますが、それ以前に、赤身肉はやはり良くないようで。

もちろん、プロテインという意味では非常に意味はあると思うのですが、それ以上に癌になるリスクが上がるようです。

なので、鮭、マヒマヒ、マグロ、鯖、秋刀魚、海老、イカなどの冷凍を利用しつつ、あとは鶏肉。

赤身肉は週に1回か2回まで頻度を下げるよう頑張っています。

ところで、ミネラル分の補給に海藻を良く食べるようになりました。

一番お手軽なところでわかめです。

そのわかめ、今まで味噌汁に入れたり、和え物やサラダに置く程度だったのが、炒めるという技を覚えました(笑)

ごま油でじゃこを炒めてから、水でもどした乾燥わかめを投入して、さっと炒めるだけ。

味付けは、塩か醤油をほんの少し、じゃこの塩気によって調整します。

写真はじゃことわかめの炒めものです。

じゃこの代わりは、プロテイン系だとなんでも美味しいです。

鶏のささみとか、シーチキンとか。

ナッツ類を入れても美味しいかもですね。

海藻類はカロリーが少ないのもありますが、糖質も少ないので、お役立ち食品ですよね!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ



スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. Maki より:

    青海苔さん、おはようございます & お久しぶりです!

    わかめを炒めるとは初めて聞きました。美味しそうなので私も炒めてみます!
    さて、お勧めの本、すごく興味があります。The China Studyって本読んだことありますか?これも動物性たんぱく質の危険性について書かれていて怖いです。2月に帰国した際、「粗食のすすめー幕内 秀夫 (著)」と言う本もたまたま母親が読んでいたのを帰りの飛行機内で読み、以前から興味のあったPlant Based Dietに挑戦したりしています。まだまだなんちゃって、ですが。うちも鶏肉とお魚は食べます。じゃないとお腹一杯にならないし・・・笑 
    確か青海苔さんは煙の出ないグリルを持っていましたよね?うちもそろそろ買おうかなーと思っています。外につながる換気口をキッチンにつけたけどやはり魚の煙に躊躇しちゃって魚を思いっきり焼けません。でも焼きたてのサンマに大根おろし乗っけて食べたいのでやっぱり買っちゃおうかなー。ヾ(´ε`*)ゝ あぁお腹空いたw

    また遊びに来ますね!では。

    • 青 海苔 より:

      Makiさん、こちらこそご無沙汰しております(*^^*)

      The China Studyという本読んだことないですー。動物性蛋白質ということは、肉全般が良くないという感じなのでしょうか?ちなみに、私の読んだ本では、赤身肉は月に1、2回が推奨されてました。それ以外は、お魚などのシーフードと、お肉が食べたければ鶏肉をということみたいです。あとは、オリーブオイルを毎日大さじ4杯以上なので毎朝サラダにたっぷりかけてます(笑)煙の出ないグリル持ってます~。さすがに秋刀魚あたりを焼くと煙でますが、それでも煙は少ない方だと思います。最近は、一度に大量に焼いてしまって、ジップロックに入れて冷凍しちゃってます。たくさん焼いておくと、缶詰のシーチキンのように何にでも使えて便利です。掃除も1回で済むし(^_^;)ただ、日本人的感覚だとサイズが大きいかもしれません。大根おろしに秋刀魚、いいですね(*´艸`*)