シーリングファン

今年の夏は、毎日本当に暑い。

テキサスはもともと暑い場所なのに、それに上乗せされて余計に暑いです_| ̄|○

そこで、暑さを少しでも和らげようと、シーリングファンを回しました。

すると、日本で扇風機を使っているような心地よい風が吹いてなかなか気持ちがいい。

ところが、長時間回していると、ファンの中で何かが当たる音がするのです。

カツ、カツ、カツ、・・・。

夜、静かになると、音が響きます(^_^;)

夫がファンを取り外して分解して調べてみると、音はどうやらモーターの中からしている様子。

さらに、そのモーターの部分を分解すると、元に戻せないような雰囲気なのです。

そこで、新しくファンを買うことに。

スポンサーリンク

買ったシーリングファン

シーリングファンはHome DepotやLowe’sに売られているものを買うこともできますが、わが家はAmazonさんで買うことに。

今回買ったのはこちら。

Hunter 54092 Matheston 52-Inch Onyx Bengal Ceiling Fan with Five Burnished Alder/Alder Blades and a Light Kit

このシーリングファンのライトとファンをリモコンでオンオフしたかったので、オプションとしてリモコンも買いました。

Hunter 99122 Universal 3 Speed Ceiling Fan/Light Remote Control


シーリングファンが届いた翌日、夫はせっせと取り付け作業。

ところが取り付けて、いざ動かしてみると、このシーリングファンも音がする!!!

今度は、シャー、シャー、シャー、・・・。

原因は、ファンの羽を取り付ける真ん中の軸がズレていて、羽が本体に擦れてしまうのです。

仕方なく、シーリングファンを返品することに。

シーリングファン取り付け完了

その2日後にAmazonさんから新しいシーリングファンが届き、また夫はせっせと取り付け作業。

でも今回は作業の流れもわかっているからか、あっという間に取り付け完了。

そして、音も静か\(^o^)/

取り付け後の様子です。

夫も私も大満足♪

古いシーリングファンは移動

さらに、音がうるさかったシーリングファン、捨てるのかと思ったら夫が仕事部屋につけたいと言うのです。

確かに夫の仕事部屋、南向きでバッチリ日が当たるので暑いのですよねー。

新しいの買ったらいいと思うのだけど、わざわざ買うほどではないのですと。

そんなわけで、引き続き取り付け作業をする夫。

3時間くらいかかったでしょうか。

完成品はこちら!

カツカツ音はしますが、夫は風の強さを「強」にして使うので、あんまり気にならない感じ(笑)

シーリングファンの風の向き

シーリングファンといえば、夏と冬で回転させる方向を変えるのご存知でしたか?

夏はcounterclockwiseに回すそうです。

これは、人に風が当たることで涼しいと感じるからなのだとか。

だから、ファン(上)から下に向かって風を送る感じ。

冬はclockwiseに回すそうです。

これは、部屋の上下で温度差がでるのを防ぐために、空気を回すためなのだとか。

なので、ファンをゆっくり回す方が良いそうです。

さいごに

シーリングファンを回すと最大で4℃体感温度が下がるようです。

今年は特に暑いので、シーリングファンを活用しようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク