ベトナムコーヒー

在米になってから知ってハマっているものの1つに、ベトナムコーヒーがあります。

10年以上前のことですが、英語の先生が「ベトナムコーヒー美味しいよー!」と教えてくれたのです。

飲んでみると、独特の風味があるコーヒー。

エスプレッソのように極細挽きで、でも、フレーバーコーヒー。

噂によると、バニラやバターをフレーバーとして追加しているらしく、そのレシピはお店によって異なるんだとか。

このベトナムコーヒー、ベトナム料理のお店のメニューには必ずあります。

ただし、アイスラテ風になって出てくることが多く、そのほとんどはたっぷりの練乳入り。

そのため、かなーり甘いのです。

たまに、エスプレッソ風に飲ませてくれるお店もありますが、かなりの少数派。

うちの近所ではまだ見つけられずの状態です。

ところが昨年から、夫が出張でベトナムへ行くようになりまして。

ベトナムコーヒーを淹れるガジェットを買ってきたのです!

分解するとこんな風になります。

たくさん穴のあるフィルターが3重になってます。

淹れかたは、紙のフィルターを使うのとほぼ同じですが、紙のフィルターは必要ありません。

至って簡単です。

コーヒー豆も夫がベトナムで買ったきたものを使います。

ベトナムコーヒーといえばジャコウネココーヒーが有名ですが、庶民なので手が出ません。

そのため、夫が買ってきたコーヒーは、ジャコウネココーヒーと同じ環境を作って人工的に発酵させたものです。

庶民にも手が出せるお値段です。

そして最近は、週末になると夫がこのベトナムコーヒーを淹れてくれます。

私は練乳なしのホットラテにしてもらっていますが、濃厚で、んまい!

いつか、本場のベトナムコーヒーを飲みに行きたいなー😆

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク