家の中の除湿

除湿と思って、いつも換気扇を回していました。

でも、室外の湿度より室内の湿度を低く保とうと思ったら、換気扇まわしたら意味がないのですね。

換気扇を回すことで、外から空気が入ってくるから、というのが理由。

そんなこと、少し考えればわかることなのに、ひたすら換気扇を回していた残念な私_| ̄|○

実は、少し前に、こんなものを買ったのです。

Frigidaire 70-Pint Dehumidifier with Effortless Humidity Control, White

これは除湿機なのですが、寝汗が出るので、寝室用です。

でも、この除湿機を使っている間は湿度が下がるのですが、止めた途端に湿度が元にもどるのです。

なんでかなーと思ったら、原因は換気扇!

換気扇を止めたら、あっという間に湿度が下がって、一度下がったら湿度はそのままをキープ。

なんてこと!

ところで、湿度について色々と調べていたら、家にとっては湿度を50%くらいに保つのが良いと書かれているところが多くありました。

木造だから、湿度が低すぎても高すぎても、ダメージがあるのでしょうか。

これは、家の基礎にも言えることですよね。

ダラスは家の基礎が粘土質なところが多く、水分が多すぎても少なすぎてもいけません。

特に、水分が少なくなりすぎると、家が傾き、いわゆるFoundation repairが必要になることもあります。

土の湿り具合の目安は、家のまわりにある低木が枯れない程度がちょうどいいようです。

でも、低木のないところは、気をつけてあげないといけませんねー。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク