車のタイヤがパンク

「いってきまーす!」とでかけた夫がすぐにもどってきました。

そして、「青海苔、ちょっときてきて。大変なことになってる」と。

恐る恐るついていくと、私の車のタイヤの1つがぺっしゃんこに!

そして、夫が指差す方向を見ると、タイヤのど真ん中に大きな釘がささってました_| ̄|○

夫は、タイヤの空気入れを出してきて、すぐにタイヤに空気を入れはじめました。

ちなみに空気入れはこちら。

一家に一台ありそうな自転車に空気を入れるものですが、空気圧のメーターがついています。

あと、自転車と車では、空気が入る部分のプラグが違うので、車用のプラグにつけかえてたりもしています。

夫は、片足で空気入れを固定しながら、スコスコと空気をいれています。

タイヤはぺっちゃんこだったので、空気が入って運転できるようになるまで、夫でも10分くらいかかるのですよー。

最初は涼しそうな顔をしていた夫も、終わる頃には汗ダクダク(^_^;)

そして、タイヤに空気が入ったら、そのままDiscount Tireへレッツゴー!

Discout Tireでは、たまにタイヤの空気を無料で入れてもらっていたけれど、パンクを直すのも無料でした(^_^)v

無料だったのは嬉しいけれど、てことは、タイヤを売るのって相当儲かるのねー。

確かに、タイヤはゴムだから、原価安そうだものね。

それに、車を持っていれば、数年に1回は取り替えるだろうし。

ついつい、余計なお世話なことを考えてしまいましたとさ(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク